代表メッセージ

 塚本 恭之 / つかもと やすゆき

ナレッジワーカーズインスティテュート株式会社 代表取締役
越境プロデューサー


“ナレッジと志を持ち働く全ての人を元気にして、社会革新をしたい”


ナレッジワーカーのコンセプトは、単にビジネスパーソンが知識を使って働くことだけを示しているのではなく、その知識を如何に社会に役立てるのか、そのうえで自らが所属する組織にどう貢献し、自ら自身の価値を上げるのか、を提唱しています。

今、プロボノやパラレルキャリアなど、自らの知識を自組織とは別のプロジェクトや組織にも提供し社会に役立て、自らの組織や自分自身の価値を上げる人たちが、少しづつ増えてきています。このナレッジワーカーこそが、社会変革の担い手であり、働き方の未来を創造するのだと思っています。

そんなナレッジワーカーが活躍できる機会のお手伝いをすることで、大小の企業や組織が価値を生み出し、個人が輝き働く社会を創りたいと考えています。

プロフィール

大学卒業後、カシオ計算機株式会社入社

ロジスティクス部門から、経営企画、事業戦略(役員付)担当、IT系グループ会社経営戦略室長などを歴任。
同社初の全社提案制度や社内ベンチャー制度の企画・運営に従事

2010年には、当企業に勤務する傍ら時間外活動として、プロボノコンサルティングネットワークに参画。’12年よりコンサルティング部門を統括。
2011年からは、「働きがいダイアローグ」等多くのダイアローグ・セッションを主催、企画とファシリテーションに従事

2014年にカシオ計算機(株)を退社し、ナレッジワーカーズインスティテュート株式会社設立。代表取締役に就任。

 

参画団体・プロジェクト等

一般社団法人 企業間フューチャーセンター 代表理事
非営利型株式会社Polaris 社外取締役
株式会社フューチャーセッションズ 事業パートナー
Work In Life Labo 研究員

有限責任事業組合 プロボノコンサルティングネットワーク(プロボネット)   
株式会社Woomax 研修パートナー
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会 会員

中小企業大学校講師

東京商工会議所 港支部会員
京都商工会議所 会員 がんばる応援専門家ネットワーク

世田谷区北沢法人会 組織委員

 

保有資格

経済産業省登録 中小企業診断士

経済産業省 情報処理技術者 ITストラテジスト システム監査技術者 他


エグゼクティブ・パートナー

 

梅本 龍夫 / うめもと たつお

立教大学 大学院21世紀社会デザイン研究科教授

有限会社アイグラム 代表取締役 組織変容ナビゲーター

 

 

慶應義塾大学経済学部卒、米国スタンフォード大学ビジネススクール卒(MBA)。日本電信電話公社(現NTT)、ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド、シュローダー・ピーティーヴィ・パートナーズ株式会社(現MKSパートナーズ)、株式会社サザビー(現サザビーリーグ)の取締役経営企画室長を経て、独立(経営コンサルタント)。

 

株式会社サザビーにてIPO(株式公開)、IR責任者として投資家・メディアなどのステークホルダー対応や、知的財産関連危機管理のプロジェクトリーダー兼スポークスパーソンの経験を有する。

 

サザビーリーグの対等合弁事業、スターバックス コーヒー ジャパン株式会社の立ち上げを行う。スターバックスの組織づくりとマーケティングプログラムを策定し、合弁事業設立時に創業メンバーで共有した国内1000店舗体制というBHAG(大きな夢)を2013年に達成。

 サザビーリーグ退職後、経営者塾にて次世代経営者の育成活動などに従事。現在、経営コンサルタントとしてクライアント企業の経営戦略、新規事業企画、組織開発、人材育成などの支援業務に従事するとともに、立教大学大学院にて社会人教育と社会デザインの研究活動に携わる。また複数企業の社外取締役として、経営支援/統治活動に従事。

 

ライフワークは、21世紀社会を包摂する希望に満ちた新しい物語の協働生成。